検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

2016/04/16 (Sat) あぁ情けない




告白します。

立ちゴケしました(;_;)

大竹7からスタートする時にクリートがうまいことはまらず気をとられてたらバランス崩して右へバタン。

膝にカスリ傷が出来た程度で自転車にもダメージはないけど、情けなさすぎる(;_;)

気を取り直して23丁縛りで26分。

時間の都合でのどか村までは行けないので、フラワーロードから脇道へ入って菊畑を散策して裏十三で帰宅。

スポンサーサイト

単独 | trackback(0) | comment(2) |


2016/03/21 (Mon) 嫁の助言に従って




二時間だけ時間を作れたので初心に帰って登り一切なしの


石川サイクリングロードでお一人サイクリング。





ロードバイクを始めた頃を思い出しました。

実力はあの頃と変わってないか下手したら…。




単独 | trackback(0) | comment(2) |


2014/10/25 (Sat) 恐怖の堺かつらぎ線




早起き出来た\(^o^)/

5時半出発。

31分43秒。



※先週の写真の使い回しではございません

探り探りで走ってた先週から1分も縮められてない…

鍋谷峠は終盤が緩くなるので調子いいと錯覚させられます





今日はかつらぎ町まで下り切って登り返さずに、そのまま橋本市の方へ向いてグリーンロードみたいな道を東へ。

堺かつらぎ線(和歌山県県道・大阪府道61号線)で山越えして大阪へ帰ります。



斜度は緩めで景色も開けてて気持ちのいい峠でした。



実はこの峠、登りきるまでずっと紀見峠やと思って走ってました(笑)

山頂のすぐ近くにある鳥居。



和歌山側も大阪側も、車停めるスペースなんてずっと無かったのに、どうやって参拝に来はるんやろう…





大阪へ下ろうと走り始めてすぐに不安になる。







路面は濡れてるわ、枯れ葉や枯れ枝で滑りやすいわ、握り拳くらいの石がゴロゴロ落ちてるわで酷い道でした。

暗峠を思い起こさせるような結構な斜度のところもあって、危険を感じたので自転車を降りて徒歩で下りました。



このコンクリートに丸型の滑り止め模様の入ってる道にトラウマ持ってます



今度は滑り止めに石を丸ごと埋め込んだ道…



ここも怖いので自転車降りました。





しばらく下るとキャンプ場やらバーベキュー場が現れてきて道幅が広くなり、車もチラホラ見かけるようになる。

そうこうしてるうちに滝畑ダム到着。














ダム管理事務所でトイレ休憩してから河内長野の方に下るのではなく「和泉」の標識を見て引き続き61号線へ。

何台かマウンチンとすれ違うけど、すぐにその理由が判明。

ちょっとした登りを越えたら突然ダートコースに…

可哀想に、ピカピカのクラウンアスリートが底を何回もガリゴリ擦りながら登ってました…





近くの工事現場のガードマンのおっちゃんに未舗装の道がどれくらい続くか聞いたら「あともうちょっとやで~」っていうから自転車担いでこのまま進むことに。





どんどん酷くなっていく…

大阪府土木事務所なにしてんねん…

おっちゃんの「ちょっと」は多分車の感覚やったんやな…





15分くらい下ったらやっとアスファルトが見えた!

やったー



ってこの建物の前だけかい!

めっちゃ上げて落とされた…



近くに採石場みたいなんがあるからこんな道のくせに大型車が結構通る…





また舗装された道に出てきたけど、さっきのことがあるのでまだ喜べない…



これが本当の終わりやったようで、結局1㎞くらい?シクロクロスを楽しみました。

左のクリートが逝きました。



元々だいぶ減ってて交換せなあかんなぁって思ってたからまだショックは少ない

どうせやったら右の方が逝ってくれたら片足ペダル練になって良かったのに

クリートの後ろ側2つの黄色いのんって意味あるんかなぁって思ってたけど、ちゃんと意味ありました。

コンビニで思いっきりズッコケて恥ずかしかった





ちなみに帰宅して堺かつらぎ線のこと調べてたらもっと怖いことが発覚

滝畑ダムって心霊スポットなんは何となく前から知ってたけど、その中でも有名なトンネル今日めっちゃ通ってるやん

入り口から出口が見えへんし、距離が短くて新しそうな割には何か気持ち悪いトンネルやなぁって思っててん…

この事実を知ってたら絶対通らへんかった

ダートよりも何よりも一番怖い

とりあえず滝畑からの61号線は今後二度と通ることはないでしょう…




単独 | trackback(0) | comment(7) |


2014/04/05 (Sat) 自由時間ができたのでブラブラ




1年ぶりに登ってきました。

最初から最後まで25Tでフラフラでした。

29分かかりました。(たぶん過去ワースト)

何度か気持ちが折れかけました

20140405_114628_convert_20140405222037.jpg





朝は長居公園通りで楽しくなかったので、帰りは大和川沿いで。

20140405_131255_convert_20140405222711.jpg





テキトーに走ってたらいつの間にか大仙公園に。

せっかく堺市民になったんやから、ツアーオブジャパン見てみたいなぁ~

20140405_140250_convert_20140405224701.jpg





仕事も新居での生活もだいぶ落ち着いてきたので、これからはもう少し自転車の時間を増やせそうです。

それにしても劣化っぷりがヤバい




単独 | trackback(0) | comment(2) |


2013/04/23 (Tue) 夜のぶどう狩り 狩りきれず




結論から言います。

葡萄峠の夜RENに挑戦し、完走できませんでした。

体調が悪かった?

パンク?

いえいえ。

ただただ暗いのが怖かった





今週末はBanditsの第二回葡萄TT。

実は葡萄峠自体、トータルで3回か4回くらいしか登ったことありません。

コースも頭に入ってないので、いつもリズムがつかめずに苦手意識が強い。

事前に走っときたかったので、初めて夜にチャレンジしてみました。

IMG_3437_convert_20130422231056.jpg

大県南の交差点に新しくコンビニできてる

知らんの僕だけ?

どんだけ来てないのかがバレる





十三峠と同じく、序盤の民家があるエリアは街灯があるが、すぐに真っ暗。

でも街の明かりや月明かりが届くので安心。

前半のヘアピンが続く区間でいつも力尽きて中盤以降グダグダなパターンが多いので抑え目で。

車の通りもそこそこあるが、十三と違ってずっと二車線あるし、舗装も荒れてない。





順調に登るが、打ちっぱなし練習場を超えたあたりから状況が変わる。

車の行き来がピタッと無くなり、暗闇もどんどん深くなる。

十三峠も暗闇やけど、基本ずっと山際の道で月明かりが遮られることもないので、
たとえライトが無くても薄明りと目の慣れでコースをつかむことが出来る。

葡萄はどんどん山の中へ入っていき、
打ちっぱなし以降はライトが照らしてる範囲以外は完全に認識できない。

まさに一寸先は闇。

もうちょっとでゴールなんはわかってたけど、
ゴール地点の変電所周辺なんか完全に山のど真ん中やし…

墓地あるし…

霊的な怖さ・道が見えない怖さと戦いながら頑張って進んだけど、
結局心が折れてUターンしてしまいました…

悔しい





フラッシュたいてもこの暗さ

IMG_3453_convert_20130422234138.jpg





夜景は十三よりパノラマでいい感じでした

IMG_3445_convert_20130422233943.jpg





下山しても悔しさでいっぱい。

不完全燃焼。

勝手に大県から大竹に足が向いてました(笑)

月曜の10時近くやというのに駐車場は満車

IMG_3469_convert_20130422234539.jpg



IMG_3464_convert_20130422234925.jpg





今夜の十三峠はなんかむちゃくちゃ明るく感じました(笑)

21Tはしんどかったので23Tで23分20秒くらい。

葡萄峠をほぼ一本消化した後にしては悪くないやん

いや、悪いか





たとえ向かい風が強くても

たとえ斜度がキツくても

たとえ車の交通量が多くても

たとえアスファルトが穴ボコだらけでも

たとえ突然イノシシが出てきても

やっぱり走り慣れたホームコースが一番





でも結局週末の葡萄TTは不安が残ったまま(笑)

仕事のついでに車で下見してイメトレしとこ(笑)




単独 | trackback(0) | comment(6) |


| TOP | next >>

プロフィール

shinpei

Author:shinpei
東大阪在住 32歳 

相方
BASSO Laguna
GIOS PANTO
OLYMPUS E510
Canon IXY DIGITAL 10

僕の人生を変えてくれた
ロードバイクに関する出来事を中心に
今まで撮ってきた写真や
日々感動した出来事について
綴っていきます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター