検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/01/22 (Fri) 個人的に早くも今年一番?の大ショック




2016年になり、芸能を中心にメガトン級のニュースが連発していますが、個人的にはそれらもぶっ飛ぶ衝撃的で悲しいニュースが飛び込んできました。

http://cycle.gd-inc.co.jp/information/3557.html

誰にも言っていなかったですが、実はここ1年ほど、(何年後?何十年後?になるかわからない)次期フレームはグラファイトデザインと心に決めていました。

唯一無二の乗り味。

シンプルなフレーム形状。

こだわりの塗装。

メイドインJAPANの安心感。

そして人とかぶりにくい(これ重要)。



スマホの待ち受けはピンクのメテオ。



会社のパソコンの壁紙はホワイトのザニア。



どっちのフレームにしようかなぁ。

色も迷う。

コンポは機械式アルテ?デュラはさすがになぁ…

ホイールは?

ほぼ毎日妄想してました。

好きだった女の子が、突然転校してしまったかのような喪失感…。



自社製のホイール開発も進んでいたようですし、メテオハイブリッドの新色も出たところで発展に向かって前に進んでいる印象しか無かったので本当に驚きです。



グラファイトデザイン社全体の中でサイクル事業部の不振がどれ程の影響を及ぼすものだったのか、そして経営陣がどのような気持ちでこのような判断に至ったのかはわかりません。(どこぞの芸能事務所みたいになってなければいいけど…)

新しいことにチャレンジする精神やスピーディーな経営判断は僕の勤めている会社にはなく羨ましくも感じますが、それにしてもあまりにも早すぎる撤退ではないのかと残念で仕方ありません。

ブランドイメージやコンセプトが浸透してきて、僕のように次期フレームは…という潜在的なファンは多かったのではないかと想像します。



これも勝手な想像ですか、一番悔しいのはサイクル事業部の当事者だろうなぁ。

技術系も営業も新規参入で想像を絶する苦労があったかと思います。





それにしてもショックだ…。

事業停止の2月末までに、フレームだけでも先にいっとくか?

ムリムリ(ヾノ・∀・`)





未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2015/11/21 (Sat) 父になる。




芸能人でもないのに、個人的な出来事をこんな場で報告することにとても抵抗がありましたが、ブログの放置具合も気掛かりなので書きます。

9月12日(土)15時頃に長男が誕生しました。



金曜日の夜から本格的な陣痛が始まったので、仕事のことを気にせずに最後までずっと付き添うことが出来ました。

壮絶で感動的な場面を目の当たりにし、そして10ヶ月にも及ぶ妻の苦労を見てきて色んな価値観が大きく変わりました。

これから夫の立場で出産を経験される予定のある方は、絶対に立ち会い出産をおすすめします。



2ヶ月が経ち、息子への愛着が日に日に増すばかりです。

自転車に興味を持ってくれたら嬉しいなぁ。


未分類 | trackback(0) | comment(1) |


2015/09/05 (Sat) ただいま




2年足らずの堺での生活を終え、東大阪へ戻ってきました。





ロードに限らず、マウンテン、クロス、ハイカーにランナーと大盛況でした。

知らん間にジェラートカフェがオープンしてるし。

どれだけ来てないかがバレる。



1本目 26分46秒

2本目 27分15秒

しまなみ街道以来1ヶ月以上乗れてないし、30分くらいを覚悟していたのでちょっと誤算。

クソ遅いのには変わりないですが。



堺から鍋谷へは1時間半くらいかかっていたので、20分程度で登りに行ける環境が嬉しすぎます。

もう間もなくそんな時間もなくなりますが…

お近くになった皆さん、時間が作れた時はまた遊んでくださいm(__)m



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


2015/07/13 (Mon) 金剛山好きかも。




丸々1ヶ月空いた割りには脚がよく回る。

鍋谷は通行止めの可能性があるので金剛山へ。

鍋谷と違って景色がコロコロ変わるのが楽しい。

終始片側一車線で安全やけどバイクには要注意。





近所に住んでる間に撮ってみたかった。

いつも大変お世話になっております。





本社や工場に隣接する3月に完成したばかりのSHIMANO MTC
(マニュファクチュアリングテクノロジーセンター)

会社というより最新の大学みたい。



おそらく日本の企業の中で一番設備が整った?社屋内にある駐輪場には日曜日でも何台か停まっていました。(そしてデュラ率が高かった。)

常に進化を求められる大変な仕事。

本当にお疲れさまですm(__)m


未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/01 (Mon) W葛城




ホームコースにしますとか調子乗って言うてましたが、実は2015年1本目(;´д`)





登り始めてすぐに国交省の職員を名乗る方から「アンケートにご協力お願いします」と呼び止められる。

鍋谷峠が通行止めになるらしく、どれくらいの頻度でどの時間帯に通るかなどを聞かれました。

正確な日程は未定だそうですが、7月頃から通行止めになる可能性があるそうです。

日程が決まれば事前に看板が上がるみたいですが、近々鍋谷峠へ行かれる方は要注意です。







和歌山へは下らずに父鬼まで下り、激狭の農道を駆使して牛滝のいよやかの郷までワープ。

牛滝から葛城山頂までチャレンジ。

多くのローディがいよやかの郷デンでそのまま下っていく。

標識に葛城の表示もあるので気付いてないことはないと思うけど、誰一人通る気配もないので不安になる。

見えてる限りいきなりすごい斜度やし…







山上まで7.2㎞の表示。

まさかこの激坂が7㎞続いたりして…

蔵王峠の時みたいに未舗装の道が出てくるんかな…

不安いっぱいやけどとりあえず行けるとこまで行ってみる。

ガーミンの斜度表示がいきなりの20%超え!

1㎞も登らないうちに常時20%オーバー区間が終わり一安心。

安心してたら序盤ほどではないけどまたキツくなる。

実は山頂までこの緩急の繰返し。

リズムがつかめず脚にくる。

内腿がつりそうな気配があったので一回休憩を入れる。

とにかく鍋谷より断然しんどかった。






山頂ではモトクロスの人達で盛り上がってました。

路面は意外と悪くなく、アスファルトが掘れてる箇所は最近補修した跡が。

車の通りはほとんど無いが、ハイカーが多いので下りは要注意。

帰ってから調べたらこのルートは牛滝林道といい、7つある葛城山の道で一番厳しいらしい。

行く前に調べとけよって指摘が入りそうですが、この先どんな道が続いてるのか想像しながら登るのが楽しいんです(^^;)

知らん道を登るときの探検してる感じというか、ワクワク感がクセになってます…。





右が鍋谷で左が牛滝林道。









未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

shinpei

Author:shinpei
東大阪在住 32歳 

相方
BASSO Laguna
GIOS PANTO
OLYMPUS E510
Canon IXY DIGITAL 10

僕の人生を変えてくれた
ロードバイクに関する出来事を中心に
今まで撮ってきた写真や
日々感動した出来事について
綴っていきます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。